脳梗塞の効果的な治療方法を知ろう~ドキドキ血圧を下げましょう~

脳

重篤な脳障害が起こったら

病院

重篤な脳梗塞を発症した時には半身の不随とともに食物が呑み込めないという症状も出てきます。その時には胃瘻の造設を望む人もいますが、尊厳死の考え方でそれを望まない人もいます。普段からこのようになったらということを話し合っておくことも大切です。

種類と最新治療

医者

脳腫瘍は脳にできる腫瘍のことで悪性と良性があります。場祖によっては治療すれば充分完治する可能性があります。脳腫瘍の治療にはいろいろな方法がありますが、どれも一長一短があり、今後も研究が進められていくものと思われます。

大切なのは予防と準備

脳梗塞の治療方法は症状の進み具合や、体質によって変えていく必要があります。自分に合った治療方法の選択を行ないましょう。

原因は高血圧

医者

脳梗塞は、血圧が高いと発症する確率が高くなります。脳梗塞は血管が塞がれてしまい、脳に血液が流れないことによって発症する病気なのですが、血管が塞がれる原因の1つが動脈硬化です。動脈硬化とは血管の柔軟性がなくなってしまう症状なのですが、これは加齢が原因で進行します。ただ、血圧が高いと進行は早まります。従って、脳梗塞の発症を防ぐためには、血圧を下げることが大切なのです。血圧を下げるために必要なことは、生活習慣の改善です。規則正しい生活をし、バランスの良い食事をとり、適度な運動が必要となります。また、DHA、EPAという成分を摂取することも有効な手段です。血圧が高い人は、血液がドロドロな状態である人が多い傾向にあります。ドロドロの血液は流れにくいため、心臓は血液を強く押し出そうとしますから、血圧が高くなってしまうのです。DHAとEPAには、ドロドロの血液をサラサラにする効果があります。ですから、血圧を下げる効果があるのです。

4時間半がリミット

予防に努めていても、脳梗塞を発症してしまう場合があります。その場合は、直ちに治療を受ける必要があります。脳梗塞は死に至ることもあり、死に至らなくても重い後遺症が残ってしまうことが多い恐ろしい病気です。しかし、近年は治療が進化したため、死に至ることも後遺症が残ることもないということが増えているのです。ただ、進化した治療の恩恵を受けられるのは、脳梗塞発症後、直ちに治療を受けた場合のみです。具体的には、発症後、4時間半というのがリミットです。病院に行く時間、医師が診断を下すまでの時間を考えれば、ごく僅かな時間ということになります。ですから、脳梗塞を発症したら、すぐに病院に行く段取りをするべきです。そのためには、事前に脳梗塞の症状を知っておくべきですし、受診できる病院も調べておく必要があります。

感覚機能異常での早期対応

看護師

脳腫瘍には原発型の良性および悪性、転移性型という3つの大別がある。原発型の良性であれば手術による回復が期待できる。残り2つでは更なる対処が必要で、現在ではその治療にも確実性を高める方法確立が進められている。脳内部の圧力が変化する事で感覚機能の異常が起きるため、気付いた時点での早期治療が重要である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 脳梗塞の効果的な治療方法を知ろう~ドキドキ血圧を下げましょう~ All Rights Reserved.